株式会社ディビーエス
 
お施主様へ


家とは100年の永きに渡り住むものそのため、耐久性と安全性は必要条件となっています。
1. 100年の風雪に耐えること。
2. 耐震強度を備えていること。

日本での大規模地震の周期は200〜300年と言われています。

建築基準法第20条構造耐力には
建築物は、自重、積載荷重、積雪荷重、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対して安全な構造のものとして、次の各号に掲げる建築物の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める基準に適合するものでなければならない。(以下略)
とあります。



柱と梁が接合する部分に対し強度を保ちつつ簡素化する
新たにシステムを導入する事により解決


 

1. 鉄筋作業に時間が掛かりません。→ コストダウンとなります。
2. 柱と梁の接合部の鉄筋が込み入らずスペースに余裕ができます。
コンクリートを均一に打設することができます。
→ 安定した建物を作る事が出来ます。
3. 本工法のヘッド作成時には天然ガスを使用しCO2の削減に努めています。
→ 環境にやさしい工法です。